2019年10月18日金曜日

サラリーマンとラガーマン

ラグビーワールドカップ2019日本大会

家路を急ぐサラリーマンが避けて通るはラガーマン

桜木町も盛り上がっています

2019年10月13日日曜日

台風一過の静寂な月夜に

台風一過、満月

一夜明け、身の回りは平気でしたが、

テレビで見る被害の大きさに自然の驚異を感じたこの連休

「これ以上被害が大きくなりませんように」

朧月夜に願った夜

2019年10月12日土曜日

大岡川右岸雨水幹線下水道

南部処理区大岡川右岸雨水幹線下水道

無事に早く台風過ぎますように、願いつつ過ごす土曜日

大岡川は、雨水幹線下水道の工事の片付けを行っていましたが

もう活躍しているのかどうか、氾濫はしていない様子です

2019年9月26日木曜日

CIAL桜木町別館

桜木町駅

来年完成予定、桜木町の改札が以前の方向位置にも出来、

市役所、ホテルにつながります


2019年9月14日土曜日

2019年9月9日月曜日

大きな台風過ぎた朝


夜半早朝の台風過ぎた朝、

蒔田公園では大木が道をふさぎ、歩道には看板が落ちていました。

皆様、無事だったでしょうか。


2019年9月8日日曜日

横浜のなしとぶどうと、そしてもも

 

イメージではありませんが、横浜でも果物が生産されています。

”なし”に、”ぶどう”に、もも

浜なし、浜ぶどうは、認定された「横浜ブランド農産物」です。





2019年8月31日土曜日

八月、2/5の家族

夜桜、清水ヶ丘

八月、けたたましく鳴く蝉の声、かつての戦争の終わった月。

私の地元にも空襲がありました。

市街地に住む母は、焼夷弾が目の前に落ちる中必死に逃げ回ったそうです。

父の住んでいた山奥の農村からも遠く燃え盛る炎が見えていたそうです。

母が亡くなったのはもう随分前の事、

それから一人暮らしをしていた父が今月亡くなりました。

昨年冬には兄を失っています。

小さなウサギ小屋のような平屋に住んでいた五人家族も、

二人になってしまいました。

葬儀で何十年ぶりにあった親戚から聞いた話では、

私の写真が掲載された雑誌を父は嬉しそうに見せていたそうです。

恐らくその写真は冒頭の写真、私が写真を始めるきっかけになった作品です

この写真の桜の木ももうありません。

白い息を耐え、桜が散り、そしてけたたましく蝉が鳴く、

同じことを繰り返しながら、違う時代が過ぎていきます。

2019年7月24日水曜日

京浜急行の扇風機

京浜急行800形の扇風機

詳しくは分からないのですが、この京浜急行の扇風機は、

先日引退した800系だったのでしょうか?



2019年7月15日月曜日

おにぎり弁慶の移転先

おにぎり弁慶
ドンドン商店街から移転し、ここ共進町にて7/20に開店します

おにぎり弁慶

ひとむかし前、猫と三輪自動車がいた場所です


こちらはドンドン商店街の旧店舗跡、

創業42年、その前は甘味処「君津屋」であったようです


2019年7月9日火曜日

パンドコロ(pain de coro)

pain de coro

イトーヨーカドー目的で時々行く上永谷に

すてきなパン屋さんがある事に今頃気づきました

安くて種類が豊富、そしていい具合に人の出入りがある人気店です

パンドコロ

2019年6月26日水曜日

ぶるームーン


ストロベリームーンの数日後、

ある日の青い月の夜


2019年6月7日金曜日

バンクシーよりも象の鼻


東京では誰かわからない壁の落書きが持てはやされていますが、

それよりもかつてこの像の近くにあった壁の落書きの作者が

個人的にはずっとずっと気になっています


2019年6月2日日曜日

焼肉のたれの自動販売機

焼肉のたれの自動販売機@武居商店

広島発「あごだし@だし道楽」の自動販売機が全国となる中、

「焼肉のたれ@武居商店」が横浜市内に展開中です


2019年5月26日日曜日

磯村屋のやきそば

磯村屋のやきそば

雪崩のように、閉店のニュースが流れてきます

とても愛された横浜下町のお店でした


2019年5月24日金曜日

ざっばぁぁんー水陸両用バス

水陸両用バス「スカイダック横浜」

噂のバスを初めてみました。

いきおい良く水しぶきをあげるアトラクションが海への入り口のようです

水陸両用バス「スカイダック横浜」



2019年5月22日水曜日

カメラ屋と猫と


カメラと猫と、贅沢な街が横浜にあります



2019年5月16日木曜日

かにの愛知屋(仮)

かにの愛知屋仮店舗
かにの愛知屋さんが、隣の空地を含めた拡張で、

少しだけ離れた位置に”仮店舗”を設けています。

かにの愛知屋旧店舗

この旧店舗の裏の倉庫から解体が始まっています

左横はすでに空地

伊勢佐木7丁目の日立の電気屋さん

その空地にかつてあったのがこちら↑




2019年5月12日日曜日

旧相鉄ローゼン大口店の階段から

相鉄ローザン大口店

久しぶりに通った子安・大口間の商店街、

相鉄ローゼン大口店が完全に解体され、次の工事が始まっていました

古くは「曙劇場」と言う映画館があった場所です。

大型の店舗が消えてゆくのは寂しい限りですね


2019年5月7日火曜日

祝令和元年~伊勢佐木

令和元年伊勢佐木町

令和の賑わい、伊勢佐木町は日章旗と天皇旗でお祝いです


2019年5月5日日曜日

伊勢佐木町のカツオのぼり

伊勢佐木町を泳ぐカツオのぼり

かつて伊勢佐木町を泳ぐこいのぼりの中に

カツオのぼりが紛れていました

こいは元気に泳いでいますが、ここ数年カツオは見かけていません

2019年5月1日水曜日

祝令和元年

祝令和元年

新しい時代の区切り、急な変化があるわけではないですが、

新しい気持ちと目標で進んでゆく良い機会です

祝令和元年 祝天皇陛下御即位

2019年4月29日月曜日

蔦の煙突のある風景

永生湯の蔦の煙突

残念ながら銭湯は閉館してしまったようですが

蔦の煙突はまだ現存しています

永生湯~蔦の煙突

2019年4月22日月曜日

続・夜のチューリップ

横浜公園の夜のチューリップ

前投稿と同日の撮影です

チューリップにも色々な形があるのですね

2019年4月19日金曜日

夜のチューリップ

横浜公園のチューリップ

チューリップを見ると、新年度の始まりを実感します

夜の横浜公園のチューリップ


2019年4月17日水曜日

青い町に散った桜の花筏

大岡川の花筏

今年も桜はゆっくりと咲きゆっくりと散りました

それでも綺麗に流れた桜の花の跡

青い町に散った桜の花筏


2019年4月10日水曜日

雨に散る桜

雨に散る桜

雨が降る、咲いた桜は冷たい風に散る

また来年


平成三十一年 大岡川の桜

2019年4月5日金曜日

水辺のサクラ、丘のさくら

大岡川の桜

大岡川の水面揺れる川辺のサクラ

三つの春訪れる三春台の丘のさくら

水辺のサクラ、丘のさくら、春が咲きました

三春台の桜

2019年 横浜桜模様


2019年4月1日月曜日

令和の決まった日


誰も予想にしなかったのは、

”令”の使い方を正確に知らなかったからでしょうか…

日本人なのに知らない美しい日本があるのですね

祝「令和」の決まった日


2019年3月28日木曜日

赤外線写真ー大通り公園と歌丸桜

大通り公園の歌丸桜

西暦千年代最後、二十年前のデジカメで、

赤外線フィルタを通して平成最後の桜を見つめてみました

2019年3月26日火曜日

歌丸桜が迎えた春

歌丸桜

横浜橋商店街前の歌丸桜


今年も綺麗に咲きました、もう春です。


2019年3月24日日曜日

イル・シャンテと増田じごろう


日ノ出町エリアにあった「イル・シャンテ」が閉店したのは数年前、

古びた”じごろう”(上)の行く末も気になっていましたが、

誰かが継いだのか、何となくイル・シャンテが復活していました。

窓の色が変わりましたが再び”じごろう”も外を眺めています(下)。


2019年3月19日火曜日

たぬきVSきつね


絵もそうですが、情報量が多すぎる蕎麦屋さんです

2019年3月13日水曜日

大岡川にとじこめられた世界


水面揺れ、冬暮れる、覗き込むこの景色の先には何がある?


2019年3月9日土曜日

野毛に咲く濃い色桜


晴々と見上げた野毛の空の上

深い青に混ざっていたのは、深い深い桜色


2019年3月5日火曜日

馬車道の浜志まん

馬車道の浜志まん

馬車道の立派な看板にハマジマン(浜志まん)


でも、ここのお店は居酒屋さん

記憶にある人も多いでしょうが、

浜志まんのケーキが食べれるドトールがかつてここにありました。

復活してほしいお店です。


2019年3月1日金曜日

ドンドン川とドンドン商店街

南太田、ドンドン商店街のドンドン川


京急南太田駅近くのちょっと不思議な名前の「ドンドン商店街

ドンドン流れるドンドン川があったことから名づけられました


写真は家屋解体により現れたその川跡の一部です。

いまや川無き静かな商店街、でもまだバスも通っております。





2019年2月28日木曜日

京急ノ日ノ出町ノ如月ノ最後ノ雨


二月最後の日、一日中雨

日ノ出町駅の車窓の外も雨のツブの世界の中


2019年2月27日水曜日

崎陽軒シウマイBAR@中華街


何やら出来ておりました、あつあつが食べれるようです

崎陽軒シウマイBAR

2019年2月22日金曜日

東隧道、保土ヶ谷への道


東隧道(あずまずいどう)、昭和5年に完成

関東大震災の復興事業として水道を通すために作られた道路

ちょっと怖くて、でもロマンのあるトンネルです