ラベル 中区 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 中区 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2019年6月7日金曜日

バンクシーよりも象の鼻


東京では誰かわからない壁の落書きが持てはやされていますが、

それよりもかつてこの像の近くにあった壁の落書きの作者が

個人的にはずっとずっと気になっています


2019年5月16日木曜日

かにの愛知屋(仮)

かにの愛知屋仮店舗
かにの愛知屋さんが、隣の空地を含めた拡張で、

少しだけ離れた位置に”仮店舗”を設けています。

かにの愛知屋旧店舗

この旧店舗の裏の倉庫から解体が始まっています

左横はすでに空地

伊勢佐木7丁目の日立の電気屋さん

その空地にかつてあったのがこちら↑




2019年5月7日火曜日

祝令和元年~伊勢佐木

令和元年伊勢佐木町

令和の賑わい、伊勢佐木町は日章旗と天皇旗でお祝いです


2019年5月5日日曜日

伊勢佐木町のカツオのぼり

伊勢佐木町を泳ぐカツオのぼり

かつて伊勢佐木町を泳ぐこいのぼりの中に

カツオのぼりが紛れていました

こいは元気に泳いでいますが、ここ数年カツオは見かけていません

2019年4月22日月曜日

続・夜のチューリップ

横浜公園の夜のチューリップ

前投稿と同日の撮影です

チューリップにも色々な形があるのですね

2019年4月19日金曜日

夜のチューリップ

横浜公園のチューリップ

チューリップを見ると、新年度の始まりを実感します

夜の横浜公園のチューリップ


2019年4月17日水曜日

青い町に散った桜の花筏

大岡川の花筏

今年も桜はゆっくりと咲きゆっくりと散りました

それでも綺麗に流れた桜の花の跡

青い町に散った桜の花筏


2019年3月28日木曜日

赤外線写真ー大通り公園と歌丸桜

大通り公園の歌丸桜

西暦千年代最後、二十年前のデジカメで、

赤外線フィルタを通して平成最後の桜を見つめてみました

2019年3月24日日曜日

イル・シャンテと増田じごろう


日ノ出町エリアにあった「イル・シャンテ」が閉店したのは数年前、

古びた”じごろう”(上)の行く末も気になっていましたが、

誰かが継いだのか、何となくイル・シャンテが復活していました。

窓の色が変わりましたが再び”じごろう”も外を眺めています(下)。


2019年3月13日水曜日

大岡川にとじこめられた世界


水面揺れ、冬暮れる、覗き込むこの景色の先には何がある?


2019年3月9日土曜日

野毛に咲く濃い色桜


晴々と見上げた野毛の空の上

深い青に混ざっていたのは、深い深い桜色


2019年3月5日火曜日

馬車道の浜志まん

馬車道の浜志まん

馬車道の立派な看板にハマジマン(浜志まん)


でも、ここのお店は居酒屋さん

記憶にある人も多いでしょうが、

浜志まんのケーキが食べれるドトールがかつてここにありました。

復活してほしいお店です。


2019年2月28日木曜日

京急ノ日ノ出町ノ如月ノ最後ノ雨


二月最後の日、一日中雨

日ノ出町駅の車窓の外も雨のツブの世界の中


2019年2月27日水曜日

崎陽軒シウマイBAR@中華街


何やら出来ておりました、あつあつが食べれるようです

崎陽軒シウマイBAR

2019年2月13日水曜日

say goodbye to ハリウッド@イセザキ


サビついて路地に残る古き看板は、

かつて伊勢佐木モールにあった服地のお店↓

イセザキ1丁目の「ハリウッド」


憶えていますか?


2019年2月11日月曜日

吉田町の電子看板のうっかりミス


うっかりミス、窓が表示されていました

2019年2月7日木曜日

カトレヤプラザ伊勢佐木7周年


カトレヤプラザ伊勢佐木

ゆずの聖地「横浜松坂屋」跡に出来て7周年になるそうです

売れる直前のANZEN漫才さんも路上ライブを行ったことがあります

2019年2月2日土曜日

プチ路地


野毛(花咲)の小さな路地の奥にある灯り

ホッとするその灯りは小さなケーキ屋さんです


こちらはいちごのモンブラン


そして、むかし野毛の大通り先にあった旧店舗です

2019年1月29日火曜日

任天堂は無関係


秋葉原辺りでよく見かける例のあれ

横浜にずらりと並んでいましたが

横浜でも走っているのでしょうか??

2019年1月22日火曜日

あるといいながある


かろうじて文字が残っています

ホームページにイラストの横浜お散歩のコーナーがあり

横浜に来た頃によくを拝見していました

コンビニエンスストア「スリーエフ

当時の本社はココだったかな?